熱源設備に遮熱シートを施工

施行日: 2020年12月04日

  • 熱源設備に遮熱シートを施工
    • 業種:製造業
    • 事業内容:水引や紙工品の製造及び卸販売
    • 従業員数:40名
  • 事例の概要

    熱源から発せられる熱により作業場の気温の上昇が課題でした。
    スポット空調を置くなどをして局所的に暑さ対策を講じてきましたが、結果的に従業員の負担軽減には繋がらずに苦慮していました。

    SAITOが提案する「熱源への遮熱シート施工」により、機械の熱源から発せられる輻射熱を遮ることで、作業場の暑さ・負担の軽減に成功しました。

施工前の課題

・水引色染めの際に機械からの熱による暑さをなんとかしたい
・作業場の環境改善をしたい

提案・施工内容

・熱源設備に対して遮熱シートを施工することで、安価かつ短期間で熱源対策を実施
・デモを実施し実際に体感することで、確実な改善ができることを事前に実証

導入効果・改善内容

・80℃近く上昇する熱源が30〜40℃まで低減
・デモ実施の際に効果は体感済みだったが、施工後はより一層の効果を体感

×

設備更新に使える補助金情報

補助金活用レポートを無料請求
to PageTop