HISTORY 西都の歴史 通信事業とともに

  • はじめに
  • 日本の電信と電話のあけぼの
  • みんなの電話に
  • 高度情報化社会へ
  • いつでもどこでも誰とでもの時代へ

みんなの電話に 戦後から高度成長期

終戦後間もない昭和27年(1952)、電気通信省が発展的に解消され日本電信電話公社が誕生しました。電電公社は「申し込めばすぐつく電話」「どこでもすぐつく電話」を2大目標とし、急速に電話の普及を進めました。

昭和20年から30年代には電話は主に企業や商店で使われ、一般家庭では電話を持っている人の家にかけて、話したい相手を呼び出してもらう「呼び出し電話」が主体でした。そのため電話は玄関に置かれていました。

昭和40年代になるとほとんどの家庭に電話がおかれ、家族で共有しました。この頃は居間に置かれるのが主流でした。日本は高度経済成長の波に乗り、豊かな生活は夢ではなくなり、電話は急速に普及しました。

昭和54年(1979)、電電公社は伊豆七島の利島と沖縄県の南、北大東島を最後に、全国完全自動化を達成。2つの目標を現実のものにしたのです。


西都が創業したのはまさにこの時代。大阪で日本万国博覧会が開かれた翌年の昭和46年(1971)のことです。技術者たちは"早く電話をつけてほしい"という要望に応えるべく、超多忙な毎日を送りました。

あらゆる電気通信工事に長けた技術者は少なく、西都の腕のいい社員たちは全国に出張して電話や通信ケーブルなどの工事に携わりました。

西都は、時代の要請に応えて順調に業績を伸ばしていきました。

4号自動式卓上電話機

第2次世界大戦直後から当時の電気試験所で開発に着手し、機 能・デザインともに世界的水準をしのぐ電話機として誕生しました。“ハイ・ファイ電話機”といわれるほど感度の高いこの電話機の採用により、通信ケーブルが従来よりも細心化し、経済的にも大いに貢献しました。
(資料提供 逓信総合博物館)

電信・電話おもなできごと

昭和27年
(1952)
日本電信電話公社発足
昭和31年
(1956)
加入電信サービス(テレックス)始まる
昭和40年
(1965)
東海道新幹線で列車公衆電話サービス始まる
国鉄「みどりの窓口」(コンピュータによる座席予約)本格的実施
昭和41年
(1966)
日本の電話機数、世界第2位に
昭和43年
(1968)
東京23区でポケットベルサービス開始
データ通信サービス開始
昭和44年
(1969)
プッシュ式電話機登場
昭和45年
(1970)
大阪で開かれた日本万国博覧会に携帯電話が登場。実用化には至らず
キャッチホン(通話中着信サービス)開始
昭和46年
(1971)
西都創業
昭和49年
(1974)
気象庁のアメダスサービス開始
昭和54年
(1979)
全国の電話自動化、100%完了
自動車電話サービス開始
昭和55年
(1980)
コードレスホン販売開始
昭和56年
(1981)
ファクシミリ通信網(Fネット)サービス開始
昭和57年
(1982)
カード式公衆電話が登場
昭和60年
(1985)
日本縦貫「光ファイバケーブル」伝送路完成(旭川‐鹿児島)

  • 次へ 高度情報化社会へ
  • 戻る 日本の電信と電話のあけぼの