HISTORY 西都の歴史 通信事業とともに

  • はじめに
  • 日本の電信と電話のあけぼの
  • みんなの電話に
  • 高度情報化社会へ
  • いつでもどこでも誰とでもの時代へ

日本の電信と電話のあけぼの 明治時代

明治政府は、欧米のすぐれた技術を積極的に取り入れました。
最初に取り組んだのは電信の開設です。明治2年(1962)には東京‐横浜間に電信が開通、電報の取扱いが始まりました。

明治23年(1890)には同じく東京‐横浜間で電話交換業務を開始。

明治32年(1899)に、東京‐大阪間の長距離電話が開通すると、加入者が増えました。

東海道大津宿にしかれた電信線『東海名所改正道中記』より
(資料提供 逓信総合博物館)

開業時に使われた電話機。受話器をとって交換所を呼び出し、相手の番号につないでもらった。(資料提供 逓信総合博物館)

電信・電話おもなできごと

明治2年
(1869)
東京‐横浜間に電信が開通
明治5年
(1872)
我が国初の海底通信ケーブル(関門海峡)
明治23年
(1890)
東京‐横浜間で電話交換業務を開始する
明治32年
(1899)
長距離通話始まる(東京‐大阪間)
明治33年
(1900)
新橋駅と上野駅に公衆電話を設置する
大正11年
(1922)
全国の開通加入者数40万人を超える
昭和元年
(1926)
電話の自動交換開始。ダイヤル式電話機の登場

  • 次へ みんなの電話に
  • 戻る はじめに